パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■In-Sight Explorer ソフトウェア
(コグネックス株式会社)


画像処理アプリケーション用のソリューションを構築するためのパワー、柔軟性、使いやすさをすべて装備した開発環境
製品外観
製品外観


【In-Sight Explorer ソフトウェアの特長】

In-Sight 画像処理システムには、使いやすくパワフルな画像処理ツールや、In-Sight Explorer ソフトウェア インタフェースなど、さまざまな使いやすさが備わっています。スプレッドシートビューによって、ユーザーは画像処理アプリケーションの制御が容易となり、メリットを最大限に活用できます。In-Sight Explorer ソフトウェアには、プログラムをしなくても信頼性の高いアプリケーションを素早く実装できる EasyBuilder 設定環境も含まれています。
直感的で操作が簡単
EasyBuilder 設定ソフトウェアは、ユーザーにプログラミングの知識がなくてもアプリケーションのセットアップを素早く行えるよう、あらゆるレベルのサポートを提供します。この使いやすいインタフェースは、画像処理アプリケーションをステップ毎に設定できるようにガイドします。
部品の画像から設定を行い、わずか4ステップでアプリケーションを構築することができます。
1.スタート - ネットワークから In-SightR 画像処理システムに接続して、スケールと非線形キャリブレーションを設定します。
2.ツールの設定 - 部品が見つかったら、22以上の画像処理ツールのライブラリから必要な検査を選択しその部品を検査します。
3.構成 - ポイント・アンド・クリック操作による通信設定により送信する検査結果を選択したり、PLC、ロボット、HMI と通信してデータ収集および検査結果をアーカイブするためのプロトコルを簡単に選択することができます。
4.完了 - 開発モードでカラフルなツールグラフィック、結果テーブル、フィルムストリップ コントロールを使って画像を連続で確認、アプリケーションのトラブルシューティングを行ったり、不合格の部品を調べたりすることができます。
独自のアプリケーションをセットアップして所有費用を削減
In-Sight Explorer スプレッドシートビューを利用することで、堅牢で柔軟、かつ効率の良い画像処理ツールを構築することができます。In-Sightのスプレッドシートには、特別な機能、オプション、および操作が実装できるため、複雑なプログラミングをしなくてもより複雑なアプリケーションの問題を解決できます。
使いやすく素早い実装
In-Sight Explorer ソフトウェア インタフェースのスプレッドシートビューは、より上級のユーザーを満足させます。ドラッグ・アンド・ドロップ式のビジョンツール、グラフィックパレット、さらにメニュー方式のプロパティシートによりジョブの設定がシンプルになります。またIn-Sight Explorer ソフトウェアには、EasyBuilder 環境も装備されています。プログラミングが必要ないため、アプリケーションが素早く導入できます。
時間と労力を節約するラウンドトリップ
Easy Builder のほかに、In-Sight Explorer は、表計算ソフトウェアのようなスプレッドシート開発環境を提供し、さらに高度なアプリケーションの構築を可能にします。EasyBuilder 設定プラットフォームのメリットのほかに、スプレッドシートビューの機能で柔軟なラウンドトリップが可能です。
In-Sight Explorer ソフトウェアの特長


【パワフルな画像処理ツール】

部品の位置決め:PatMax
部品の位置決め:PatMax
状態にばらつきのあるパーツを信頼性と高精度で位置決めします。
・特許取得の形状パターン一致技術を活用して条件が異なる部品を位置決め
・機械部品の固定や照明が簡素化されるため、立ち上げ期間の短縮化ならびに画像処理プロジェクトの導入が簡単に行え、コスト削減に貢献
OCR/OCV (光学式文字認識):OCRMax
OCR/OCV (光学式文字認識):OCRMax
英数字の文字列の照合と認識
・難しい印字でも最高の読み取り率を達成
・高速生産ラインのスループットに対応
・独特な自動調整機能で簡単な整備と更新
工業用コード読み取り:1DMax, 2DMax+
工業用コード読み取り:1DMax, 2DMax+
ラベルまたは部品に直接印字された1次元および2次元コードを読み取る
・業界をリードする読み取り速度を達成します。
・バーコードを全方向で簡単に解読
・ばらつきの多いマークの品質に対応
色検査:ExtractColor および MatchColor
色検査:ExtractColor および MatchColor
製品の色で仕分け、特定、照合、検証
・カラーIDで部品の正しい色と位置を特定
・教示した色い基づいて製品を照合して分類
・製品間の色の一貫性および統一性を検証
・特定の色を隔離することにより検査を容易にするための高コントラストカラーイメージを作成
欠陥検出:InspectEdge、Bead Finder、Bead Tracker
欠陥検出:InspectEdge、Bead Finder、Bead Tracker
エッジの隙間、幅のばらつき、欠陥を見つける
・エリア全体、長さ、深さで欠陥を区別
・直線、円形、不均一なエッジも簡単に設定
・最小/最大差異と幅を確実に判断
傷検査:フレキシブル傷検査 (FFD) と表面傷検査 (SFD)
傷検査:フレキシブル傷検査 (FFD) と表面傷検査 (SFD)
製品のエッジおよび表面の傷を検出する
・表面の傷と印字不良の検出
・通常処理のばらつきおよび光度のばらつき補正
・カラー画像の変色および欠陥の検出
計測:形状ツール、エッジ検出、キャリパー
計測:形状ツール、エッジ検出、キャリパー
高精度測定に合わせて豊富な形状ツールから選択可能
・設定が簡単な形状測定ツールを豊富に提供
・部品の向きおよび外部照明が変化しても高精度な測定が可能
 
画像最適化:非線形キャリブレーション、画像フィルタツール、シーン補正
繰り返し検査環境で外的要因を排除
・非線形キャリブレーションにより、台形歪み(レンズ傾斜)やレンズ歪み(画像の縁の丸み)などの作用を取り除き正しく補正
・照明のばらつきまたは影を補正して鮮明な画像で画像処理
・複雑な背景をフィルタリングして検査対象箇所を強調
・必要な1色以外の色をフィルタリングして検査/検出の準備


【In-Sight Explorer 検証】

検査システムを自動で調整、テスト、検証
TestRun のシンプルな検証方法によって、適切な検査用パラメータの設定が行えます。TestRun は、ユーザー定義の良い/悪い部品のライブラリに対してパラメータの変更を分析し、範囲外のパラメータを特定します。
TestRun 検証アプリケーションは誰が恩恵を受けますか?
TestRun のシンプルな検証方法によって、適切な検査用パラメータの設定が行えます。TestRun は、ユーザー定義の良い/悪い部品のライブラリに対してパラメータの変更を分析し、範囲外のパラメータを特定します。
・マシンのオペレータは、画像処理システムのテストを簡単に自動処理して正しく機能しているか検証することができます
・アプリケーションのデザイナーおよびインテグレータは、画像処理システムが基準を適切に満たしていることを素早く確認できます
・品質管理者は、実際の生産画像に基づいて合否基準を微調整できます


【In-Sight Explorer 可視化】

柔軟な表示オプション
VisionView® オペレータインタフェースは、製造現場でIn-Sight 画像処理システムおよびEthernet対応のDataManバーコードリーダをモニタリングならびに制御するのに最適です。オペレータが現場でパラメータを設定する場合にも使用できます。VisionView アプリケーションソフトウェアは、4つのプラットフォームからお選びいただけます。
表示と制御のカスタマイズ
In-Sight Explorer カスタムビュー
表示ランプ、ボタン、データの入力と表示、トレンドグラフ、メッセージボックスなどの視覚的な管理ツールを使用してオペレータ用画面を作成することができます。
In-Sight ソフトウェア開発キット (SDK)
このSDKパッケージは、データや画像の表示、パラメータの変更、新しいジョブやレシピのロードなどをコンポーネント化しており、NETおよびActiveX環境を用いてより柔軟性に富んだアプリケーションを作成することができます。
In-Sight ActiveX ディスプレイコントロール
一般的なHMIソフトウェアでも検証されているActiveXコントロールです。このActiveXコントロールを .NETアプリケーションにドラッグ・アンド・ドロップするだけで、In-Sight 上にあるデータや画像を簡単に表示・操作できます。
In-Sight Explorer 可視化


【アプリケーション】

検査
アセンブリのエラー、表面の欠陥、部品の損傷、特徴の欠落を検査します。対象物の向き、形状、位置および特徴を識別します。
ゲージ/計測
部品を計測して、重要な寸法を計り、コンポーネントの並び替えや分類プロセスを計測します。
ガイド/位置決め
オートメーション装置やロボットを所定の位置に誘導します。高精度のアセンブリ向けに部品を適切に位置決めします。
OCR/OCV
部品およびラベル上に印字されたアルファベット文字を読み取って検証します。
バーコード読み取り
検査の一環として、一次元バーコードおよび二次元マトリックスコードを読み取ります。


各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.