パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■ゲートICCDカメラ C11370-20-1
(浜松ホトニクス株式会社)


製品外観


【概 要】

C11370-20-1は、高感度と高速ゲート動作(高速シャッタ)を併せ持つ高速現象撮像用カメラです。CCDカメラとイメージインテンシファイアユニットを接続することにより、高速現象の瞬間的な挙動の撮影や微弱な発光を伴う瞬間的な現象の撮影を可能にしました


【特 長】

最短5 nsの超高速ゲート
ナノ秒領域の超高速現象の時間分解イメージングが可能になりました。
デジタル(12 bit)画像の取り込み
低ノイズのデジタルCCDカメラの採用により高S/Nの撮影が可能です。
紫外から近赤外まで3タイプを用意
フォトンカウンティングによる超高感度分光スペクトル測定


【用 途】

●放電、プラズマ現象の観察
●エンジン内の噴霧・燃焼状態の観察
●レーザアブレーションの観察
●衝撃波の観測
●レーザ核融合における高速現象観測
●インクジェット吐出解析


【測定例】

バーナー火炎の自発光ラジカル測定

大気圧空気中正極性ナノ秒パルス放電現象の観測



【基本原理】

高速ゲートICCDカメラは、高感度と高速ゲート動作(高速シャッタ)を特長とするCCDカメラです。CCDカメラの前にI.I.を配置することにより高感度撮影機能に加えて高速ゲート動作を可能にし、高速現象の瞬間的な挙動を撮影したり、微弱な発光を伴う瞬間的な現象を撮影することができます。また、繰り返し起こる現象であれば、ゲートのタイミングを遅延させて撮影することにより時間分解イメージの撮影が可能です。



【仕 様】

型名 C11370-20-1
特長 近赤外高感度
有効撮像エリア 13.0 mm×9.907 mm
最小ゲート時間 5 ns
分光感度特性 370 nm〜920 nm
光電面 GaAs
CCD画素数 1344×1024
I.I.解像度 57 lp/mm
ゲート繰り返し 200 kHz
フレームレート 8 Hz
A/Dコンバータ 12 bit デジタル
データ解析装置 C6808-36、-37


【分光感度特性】




【外形寸法図】




各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.