パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■ORCA-Fusion デジタルCMOSカメラ C14440-20UP
(浜松ホトニクス株式会社)


製品外観


【概 要】

微弱光領域(フォトン数が少ない領域)の観察においては、画像のS/N のさらなる改善が最大の課題となっています。QEの向上は大切なアプローチでは有りますが、それ以外にS/Nを改善する方法はないのでしょうか?
浜松ホトニクスでは読み出しノイズの低減に着目し、微弱光領域においても高いS/N が得られるセンサをメーカー独自に開発しました。科学計測用カメラのフロントランナーとして、ユニークな視点で新時代を切り開きます。
低ノイズ・高画質 第3世代 GenV sCMOS カメラ ORCA-Fusion の誕生です。


【特 長】

低読み出しノイズ: 0.7 electrons rms
高画質: DSNU 0.3 electrons rms/PRNU 0.06 % rms (7500 electron 時)
高速読み出し: 89.1フレーム (2304×2304) / 100 フレーム/ 秒 (2304×2048)
広視野: 2304×2304 画素(5.3 M 画素) 対角21.176 mm の広視野センサ
高解像度: ピクセルサイズ 6.5 μm
紫外や近赤外における 高い量子効率


【ライトシート読み出しモード】

ライトシート読み出しモードは、ライトシート顕微鏡のS/Nを改善するsCMOSカメラの読み出し方法です。ライトシート顕微鏡は、シート状の励起光を試料の側面から照射することで光学断面像を得る蛍光顕微鏡で、この手法は、低褪色、低光毒性、高速性、深部観察能といった、生物個体や組織の生体イメージングに大変有利な特徴を持っています。近年、生体観察用の顕微鏡として非常に注目を集めており、発展をしています。
ライトシート読み出しモードでは、カメラの読み出しのタイミングを励起光の動きに同期して調整できるため、散乱の影響を受けないS/Nの高い画像取得が可能になります。
撮像例


【用 途】

●貼り合わせウェーハ観察
●半導体内部監察
●TEM像読み出し
●X線U・X線シンチレータ読み出し
●太陽電池のEL発光観察
●天文
●文化財観察



【システム構成例】

●ライフサイエンス用

●一般工業用



【仕 様】

型名 C14440-20UP
撮像素子 科学計測用CMOSイメージセンサ
有効画素数 2304 (H) × 2304 (V)
画素サイズ 6.5 μm×6.5 μm
有効素子サイズ 14.976 mm (H) × 14.976 mm (V)
飽和電荷量 15 000 electrons(typ.)
読み出し速度 Fast scan:89.1 フレーム/秒(CoaxPress動作)、31.6 フレーム/(USB 3.0 動作、16 bit)(2304×2304)
Fast scan:100 フレーム/秒(CoaxPress動作 / 2304×2048)
Standard scan:23.2 フレーム/秒(CoaxPress動作)、23.2 フレーム/秒(USB 3.0 動作)(2304×2304)
Ultra quiet scan:5.42 フレーム/秒(CoaxPress動作)、5.42 フレーム/秒(USB 3.0 動作)(2304×2304)
読み出しノイズ Fast scan:1.4 electrons rms
Standard scan:1.0 electrons rms
Ultra quiet scan:0.7 electrons rms
露光時間 Fast scan:17 μs〜10 s (4.87 μs step)
Standard scan:65 μs〜10 s (18.65 μs step)
Ultra quiet scan:280 μs〜10 s (80.00 μs step)
冷却方式 ペルチェ冷却
冷却温度 強制空冷(周囲温度+25℃):-5 ℃
水冷(水温+25 ℃):-5 ℃
水冷(最大冷却)(水温+15 ℃ 周囲環境温度+20 ℃ の時):-15 ℃
暗電流 0.5 electrons/pixel/s(-5 ℃)(typ.)
0.5 electrons/pixel/s(-5 ℃)(typ.)
0.2 electrons/pixel/s(-15 ℃)(typ.)
ダイナミックレンジ 21 400 : 1(typ.)
外部トリガモード ノーマルエリアモード時:エッジトリガ/グローバルリセットエッジトリガ/レベルトリガ/ グローバルリセットレベルトリガ/
読み出し同期トリガ/スタートトリガ
ライトシート読み出しモード時:エッジトリガ/スタートトリガ
入力コネクタ SMA
トリガ遅延機能 0 μs 〜 10 s (1 μs ステップ)
トリガ出力 グローバル露光タイミング出力/トリガレディ出力/プログラマブルタイミング出力/ High固定/Low固定
出力コネクタ SMA
画像改善機能 欠陥画素補正(ON-OFF可能、白点補正3段階選択可)
インターフェース CoaXPress 6.25Gbpsx2 lane/USB3.0
A/Dコンバータ 16 bit、12 bit、8 bit
レンズマウント Cマウント
電源 AC 100 V 〜 AC 240 V 50 Hz/60 Hz
消費電力 約70 VA
動作周囲温度 0 ℃〜+40 ℃
保存周囲温度 -10 ℃〜+50 ℃
動作周囲湿度 30 %〜80 % (結露しないこと)


【分光感度特性】




【外形寸法図】




各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.