パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■実車1/10スケールロボットカー RoboCar 1/10
(株式会社ZMP)


ラジコンカータイプのプログラム制御可能なプラットフォーム
RoboCar 1/10
RoboCar 1/10


【概要・特徴】

2009年の発売以来、自動車/部品メーカ、大学等研究教育機関でご好評を頂いているRoboCar(R) 1/10シリーズの最新モデルです。
オンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実し、よりスムーズな研究開発・実験が可能となりました。外界センサとして単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載。車両周囲のセンシングに利用可能です。また、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載したことで、車両の挙動や走行距離の把握が可能です。
開発環境には各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリをご用意しております。
これらのライブラリを用いて、お客様が自由にアプリケーションを開発することが可能です。
自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発でご活用頂けます。

特徴
●実車の1/10スケールにより室内で実験が可能
●カメラ、赤外線センサ、レーザレンジセンサ(オプション)を搭載
●開発環境を用いてお客様が独自にアプリを開発することが可能
●障害物回避などのサンプルプログラムを提供
●従来製品と比べ開発環境が充実(下記)し、より効率的・スムーズな開発が可能に
●コンソール、マウス・キーボードを車両本体に直接接続し、GUIでのオンボード開発が可能
●ディスク容量をSSD 64GBに増強。実験時の画像データ等の蓄積が容易に
●汎用的な開発環境(Linux(Ubuntu)、C++、OpenCV)に対応し開発効率の向上をサポート
●開発時はAC電源、走行時はバッテリ利用、とシステムを起動したまま電源を切替可能
●最新WiFi(802.11ac)に対応。実験時の通信環境の制約を低減


【説明動画】



【仕 様】

分類 項目 仕様
本体 サイズ・重量 190×429×150[mm]、2.2[kg](バッテリ、オプションを除く)
最大積載重量 約1.0[kg]
最小回転半径 約500[mm]
最高速度 約10[km/h]
シャシー・フレーム カーボンFRPシャシー、ダブルウィッシュボーンサスペンション、ZMP製アルミフレーム
モータ 駆動用:小型DCモータ/ステアリング用:ロボット用サーボモータ
バッテリ 制御部用バッテリ(オプション):単三ニッケル水素電池(×12)
駆動部用バッテリ:ニッケル水素バッテリパック(7.2[V]、×1)
外界センサ 単眼USBカメラ×1:640×480[pix]、30[fps]、128[deg]
赤外線測距センサ×8:検知距離100〜800[mm]
レーザレンジセンサ(オプション、前後2ヵ所搭載可):検知距離60〜4000[mm]、-120〜120[deg]
内界センサ ジャイロ(1軸)、加速度(3軸)、ロータリエンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)
CPU Intel Celeron Quad Core 1.83[GHz]
WiFi IEEE802.11b/g/n/ac WEP/WPA
本体側ソフトウェア OS Linux (Ubuntu 14.04+リアルタイムパッチ)
サンプルプログラム 開発言語:C++/機能:車両制御、センサ情報取得、LAN通信、LRFによる障害物回避、
データ保存、遠隔操作インタフェース
PC側ソフトウェア 動作環境 Windows 7/8/8.1/10(開発環境:Visual Studio 2010以降C#、Express可)
※センサ検知距離、角度等はセンサ単体での性能となります。
※製品の画像・仕様は開発中のものであり、予告なく変更されることがございます。


【使用イメージ】

使用イメージ
パッケージ内容物イメージ サンプルアプリイメージ


【使用イメージ動画】

自動車のADAS機器の分野でグローバル展開され、さらに昨今では自動運転の分野でも世界を牽引するコンチネンタル・オートモーティブ様ではシステム開発エンジニアを社内で育成する新卒教育プログラムの素材としてZMPのRoboCar1/10を採用されました。
RoboCar1/10を社内で活用されている事例を、実際の活用風景の動画をご紹介いたします。
また、RoboCar 1/10の活用方法として、下記のようなシステムを用いることで、工場内のAGVなどの搬送機のシステムの自動化やその他の移動体の自律運転化を進めることが可能になると考えております。


各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.