パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■走行テスト&走行データ取得ソリューション「RoboTest®」
(株式会社ZMP)


走行データのシステム構築&計測をサポート



【概 要】

ドライバー運転による走行テスト&走行データ取得ソリューション「RoboTest」(ロボテスト)

RoboTest(ロボテスト)では、自動運転技術・ADAS(先進運転支援システム)に関する画像、及び走行データの収集・分析や、お客様が自動運転・ADAS関連システムを開発する際に必要となる走行テストや走行データ収集やデータ収集システムの構築サポートなどを行います。
また、パートナー会社を活用し、海外拠点を活用した走行データ計測、日本各地に拠点を置いた全国走行試験などにも対応します。 サービスの特長として、ZMPが抱えるエンジニアの技術を活用し、実験の計画、仕様検討、機材の手配や取り付け、車両の手配、走行データの収集、データ管理、データの後処理までを一括で対応いたします。
車線逸脱検知やドライバー居眠り検知評価走行、外部カメラによる走行時の周辺環境認識データ、工場出荷前の量産走行テスト、実走行環境での燃費評価など様々なお客様の用途にふさわしいデータ計測・センサー構成も提案。
さらに、車両・信号機・歩行者・自転車・白線・標識など様々な認識対象やタグ付け(セマンティック・セグメンテーションやなど)のデータの解析・分析作業についても、データ解析プラットフォーム RDP(ロボデータプラットフォーム)を活用し、効率的に処理を行える環境を提供いたします。
お客様の新製品開発(試作センサ)や量産前性能評価、またはドライバーモニタリングや標識・路面調査などを目的とした、実車による走行時のデータ取得・計測・解析をご支援いたします。
また、下記のRoboTest(ロボテスト)サービス紹介もご覧いただければ幸いです。


【走行テスト&走行データ取得ソリューションRoboTestでは、 データ取得に関する「あらゆる課題を解決」します!】

欲しいデータを得るためには、準備が重要となってきますが、システム設計構築・セットアップ、機材の手配、人のアサイン、関係部署との調整、社内事務手続きと様々な準備調整が発生いたします。

図 走行データ計測に関するお悩み
また、準備調整が終わった後、走行データのための各フェーズでも様々な課題が発生いたします。
下記は、走行データを計測するにあたり想定される準備の流れ(フロー)と困りごとを記載しておりますが、各フェーズにおいて様々な課題が起こりえます。

これら、走行データに関わる課題をZMPの走行データ取得ソリューション「RoboTest」が解決します。


【走行テスト&走行データ取得ソリューションRoboTest(ロボテスト)サービスメニュー】

RoboTestは単純な走行代行ではなく、各フェーズに置いてお客様の要望に応じて、必要なサービスを柔軟に提供します。

図 RoboTestサービスのプロセスとメニュー


【走行テスト&走行データ取得ソリューションRoboTest(ロボテスト)の特徴】

下記にて、走行データ計測ソリューションRoboTest(ロボテスト)の特徴をいくつかご紹介いたします。
●豊富な知識を持ったエンジニアが上流工程からご支援
データの仕様やセンサーのスペックなどの要件の確認やカメラ、レーダー、ライダーなどのセンサーからのデータを取り込むためのロガーの仕様検討の段階からZMPのエンジニアがお客様と相談・打合せをしながら計測のサポートし、品質の高いデータの提供を実現いたします。

●機材購入・資産保有は不要!データのみの入手が可能に
機材については、お客様の要件に合致した機器類(計測装置)をメーカーで選定することも可能です。また、お客様の研究や開発を通じて選定された機材をお預かりして、データ収集システムに組み込むサービスも行っています。車両も新車・中古車を使った走行やお客様が利用している車両を使った走行も対応いたします。

●ご要望に応じて最適なロギングシステムを準備
走行時のデータ取得は各種センサー類の選定、およびそれらを同期して記録するシステムの設計・実装をいたします。また、車載のロガーの販売(PCベースロガーや車載対応ロガー等)も可能で計測に使用したロガーをその後の走行テストでご利用もいただけます。

●年齢・性別・人数など多様な条件で実験協力者を確保
ZMPは、走行マネジメント会社ZEGを活用し、国内主要都市を拠点とし、全国各地でのドライバーアサイン、車両等調達、データ収集業務のマネジメントを実施することができます。また、新型車両などの試乗テスト、耐久走行、市場での評価走行など大規模な走行においてはマネジメント体制を準備した対応もいたします。また、走行前の検査や整備、自動車の定期メンテナンス(タイヤ交換)など自動車の状態を考慮した走行サポートも可能です。

●取得データの変換や「データの加工・分析サービス環境」を提供
測定・取得した車両CANデータの物理値への変換や、お客様の各種システムに読み込ませるデータセットフォーマットへの変換アプリケーション(アプリ)、画像データのタグ付けやセグメンテーションなど、お客様のご要件に応じて柔軟に対応いたします。
データの分析環境として、ロボ・データ・プラットフォームというデータ解析・分析環境を新しいサービスとして提供しております。
サービスの概要については、データ解析・分析プラットフォーム RDP(ロボデータプラットフォーム)の製品ページをご覧ください。

●取得したデータの解析とレポーティング
取得したデータをお客様の目的に応じて、分析・レポーティングを行います。
分析の内容や手法は個別のご相談となります。また、wifi通信を活用し、サーバ経由で、リアルタイムでWebでの解析アプリケーションなど取得したデータのアクセス方法や計測状況の把握なども相談可能です。
●国内・国外に対応した走行エリア
走行エリアは、国内の公道走行(高速・市街地・郊外など)だけでなく、海外拠点を使った海外での走行も対応いたします。走行場所も、日本自動車研究所(JTOWN)などのテストコースや試験場などクローズドなコースで道(路)の状況や環境に応じたシナリオを想定した計測も実現可能です。走行計画についても、マップの情報から事前に走行ルートを合意し走行を実施するため、生産性の高く効率的な計測結果が得られます。


【走行テスト&走行データ取得ソリューションRoboTestで計測可能な内容(例)】

【車両情報】
車速/車輪回転数
ステアリング操舵角
ブレーキストローク
シフトポジション
エンジン/モータ回転数
バッテリ/燃料残量
ウィンカー操作(right,left)
【環境情報】
車両周囲の映像情報
走行位置(GPS情報)
車両周囲の物体(車両、歩行者、その他物体)情報
車間距離
車室内の温度・湿度・照度
車室内外の騒音
足回りへの振動・衝撃
【ドライバー情報】
ドライバー映像
心拍・心電
脳波
呼吸
モーション
視線
顔の向き
※その他、お客様の要望に応じて、取得可否を調査の上、実施いたします。
各種納品物
RoboTestでは、スムーズに走行データ取得が進められるよう、各フェーズにおけるドキュメントをご用意しております。
それらを納品物として整理し、ご提供いたします。
納品データ
HDDやSSDに保存し、納品いたします。
運搬中や納品後のデータ破損などに備え、バックアップデータを一定期間保存いたします。
※その後は消去し、お客様へご報告します。
納品ドキュメント類
●実施計画書
●納品仕様書
●要件確認チェック資料(お客様のご要件をリストとして共通認識化)
●走行ルートKYT(危険予知トレーニング)報告書
※実際に納品するドキュメント類はプロジェクト毎に協議となります。
データ品質チェックシート
●被験者同意書
※その他、ご要望に応じて対応可否を確認した上で作成いたします。


【用途・適用例】

●OEM(トヨタ、日産、本田等)の量産車両搭載センサーの評価走行
●ADAS・自動運転開発用センサベンチマーク評価試験
●全国・世界主要各国の走行環境・交通標識の画像計測
●アジア・南米などの新興国での路面、車間距離などのユーザの走行動向調査
●人口知能・強化学習用の走行データ保存用データベース構築 等


【計測イメージ】


図 データ取得システムの例

図 走行データ取得用センサー車両の例


各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.