パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■車両の位置・挙動・環境を同時計測可能なセンサパッケージ
ZMP Position&Motion
(株式会社ZMP)


車両の位置・挙動・環境を同時計測可能なセンサパッケージ
製品外観
ビューワアプリ画面 ビューワアプリ画面のコースを
走行時の各種データ計測例
(加速度・ジャイロ・地磁気・気圧)
計測例(GPS)


【概要・特徴】

GPS、気圧センサを搭載したセンサモジュールと、加速度・ジャイロ・地磁気センサを搭載したセンサモジュールから構成されており、絶対位置情報、車両の挙動情報、周囲の環境情報をCANバスで同時計測が可能です。
自動車・輸送機など移動体の実験・計測において、異なるメーカーのセンサを別々のラインで記録するとデータの同期作業に手間がかかりますが、本センサパッケージを用いることで、(1)絶対位置情報としてGPS、(2)車両の挙動情報として加速度(3軸)・ジャイロ(3軸)・地磁気(3軸)、(3)周囲の環境情報として、気圧の情報を同時に同じラインで記録することが可能となります。
データはCANで出力され、他計測システムへの接続もスムーズです。これにより、異なる時系列(タイムスタンプ)とともに得られる複数のデータ列の同期を取る作業が不要となり、データ処理時間の大幅な短縮が可能となります。
特徴
●GPS、加速度(3軸)、ジャイロ(3軸)、地磁気(3軸)、気圧、温度、湿度、を最大10[msec]で同時計測可能
●ポジションセンサモジュール(42×52.5×20.5[mm])とモーションセンサモジュール(36×52×11[mm])から構成され、任意の場所に取り付け可能
●有線(CAN)または無線(Bluetooth)で計測可能
●CANプロトコル公開。設定・ビューワアプリケーション附属
■データ計測サービスのご紹介
Position&Motionセンサーをご検討中の皆様、データ計測でお困りごとはございませんか? ZMPではこれまでの自動運転開発やカスタマイズサービスを通じて、実車を使ったデータ計測サービスも提供しております。 センサーやロガーを使ったデータの計測やお客様の要望や要件に応じ必要なサービスを提供可能です。詳細は下記をご確認ください。
■データロガーパッケージ
Position&Motionデータロガーパッケージ
Position&Motion、データロガー(ベクター・ジャパン社GL1000)、専用ケーブル、表示ソフト(vSignalyzer)がセットになっていますので、すぐに使用可能です。
車載データロガーとして実績が豊富なベクター・ジャパン社のデータロガー「GL1000」と組み合わせることで、PCを使わずに計測できるようになり、屋外で移動しながらの計測や、PCを搭載しにくい小型の車両や移動体などでの計測もしやすくなり、研究開発の自由度が高まることが期待されます。
また、表示ソフトとしてベクター・ジャパン「vSignalyzer」をセット。測定データを物理的プロセスデータとして時間ダイアグラムに表示したり、GPSデータをGoogleマップに表示することが可能です。評価の間に特定の地理的条件を考慮することができるため、記録した測定データの高度な解釈が可能となります。
■Position&Motion
・GPS、加速度(3軸)、ジャイロ(3軸)、地磁気(3軸)、気圧、を最大10[msec]で同時計測が可能です。
・ポジションセンサモジュール(42×52.5×20.5[mm])とモーションセンサモジュール(36×52×11[mm])から構成され、任意の場所に取り付けできます。
・有線(CAN)または無線(Bluetooth)で計測可能
・リアルタイム表示、ログ取得用アプリケーション付属
■データロガー
・データはSDカードに記録。PCを使わずに計測可能
・コンパクトな筐体で計測場所を選ばない
・CANに加えアナログ(4ch)、LIN(2ch)の同時ロギングも可能
■表示ソフト ベクター・ジャパン「vSignalyzer(オプションGPS込)」
・測定データは物理的プロセスデータとして時間ダイアグラムに表示
・GPSデータをGoogleマップ等に表示(*)
・データの評価を容易にする、表示エレメント、ズーム (拡大縮小)、測定カーソルなどの便利な機能
・CANapeの幅広い関数ライブラリーと外部DLLを利用して、解析を自動化することが可能
(*)Googleマップでの表示はインターネット接続環境が必要となります。
オフラインで使用可能のマップデータもご用意可能です。詳しくはお問合わせください。
■Position&Motion 2014 データロガーパッケージ
<構成>
ポジションセンサモジュール ×1
モーションセンサモジュール ×1
専用アプリケーション ×1
USB-CAN変換ケーブル ×1
データロガー GL1000 ×1
データロガー専用ケーブル ×1
vSignalyzer(表示ソフト) ×1
ドキュメント
■Position&Motion 2014 データロガーパッケージ (表示ソフト無し)
表示ソフトvSignalyzerを含まない、センサモジュールと データロガーのみのパッケージです。


【仕 様】

ポジションセンサモジュール ZMP®POSITION-Z2
GPS 測位精度 :3mCEP(50%) チャンネル :99チャンネル
測地データ:WGS84    GPS感度 : -165dBm(トラッキング)、-148dBm(アクイジション)
気圧センサ 測定範囲:260〜1260bPa 分解能:0,01hPa(約10cm)、精度±0,1hPa(約1m、@800〜1100hPa、25℃)
リファレンスセンサ温度:0〜65℃
通信インタフェース CAN(500k / 1MbPs 、スタンダードフォーマット) 
※ZMP® IMU-Z2、カートモ®UP PROとの組み合わせでBluetooth通信も可能
サンプリングレート GPS:最大  気圧:最大10Hz
動作環境 動作温度:-30〜85℃、動作保証温度:0℃〜60℃ ※結露なきこと
電源 3.3V (入力電圧範囲:3.3〜1.5V)
サイズ・重量 40[mm]×55[mm]×20[mm]、約32[g]
モーションセンサモジュール ZMP®IMU-Z2
センサ 3軸加速度センサ(±2/4/8/16 [G](切替可)、12 [bit]*)
3軸ジャイロセンサ(±250/500/2000[deg/s](切替可)、16[bit] *)
3軸地磁気センサ(±0.88〜8.1[gauss](切替可)、12[bit] *) (*サンプリングレートによる)
CPU ARM Coretex-M3プロセッサ
通信インタフェース Bluetooth Ver2.0+EDRクラス1、CAN
サンプリングレート 加速度センサ:最大1[msec]/ジャイロセンサ:最大3[msec]/地磁気センサ:最大6[msec]
電源 3.3〜15[V]
サイズ・重量 36×52×11[mm] 、20[g](電池は含まず)
技術仕様(GL1000)
CANチャンネル ユーザー設定可能な2つのCANチャンネル
LINチャンネル 2つの独立したLINチャンネル
メモリー SDメモリーカード (最大2GB)/SDHCメモリーカード (最大32GB)
PCインターフェイス USB 2.0 High-speed (USB 1.1互換)
ロガー容量 2GB  CANメッセージ数:約1億件 (DLC=8の場合)
データのエクスポート形式 CANalyzer/CANoe/CANape/vSignalyzer (ASCIIバイナリ、MDF)、MS Excel
出力 ユーザー設定可能な4つのLED/ブザー用ラウドスピーカー
制御入力、制御出力 アナログ入力x 4 (0〜16V、サンプリングレート、最大1kHz、分解能10ビット、精度)、デジタル入出力×2 (0〜36V))
バスエラー CANエラーフレーム、リモートフレーム、LIN バスエラーをログ記録
リアルタイムクロック 日付および時刻
起動時間 150ms (2GB Xmore SDメモリーカード使用時)
供給電圧 5.8〜30V
消費電流 スリープモード時:標準値160 μA/通常動作時:標準値55 mA、12 V
温度範囲 -40〜+85℃ (SDメモリーカードに依存)
寸法 約107 × 85 × 35mm


【使用イメージ】

ポジションセンサモジュール(左) モーションセンサモジュール(右)
Position&Motion データロガーパッケージ
ベクター・ジャパン「vSignalyzer」


各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.