パルス電子ホームページ

AND OR
パルス電子は東京秋葉原を拠点に国内・海外に幅広く活動しています
HOME
映像機器
電子部品
光インターフェイス製品
外注・輸入業務

■AEROBO Marker
(株式会社ZMP)


RTK精度のGPS機能を搭載した対空標識
測量工数とデータ処理工数を大幅に削減
製品外観


【概要・特徴】

AEROBOマーカーとは?
GNSSを搭載した対空標識で、空撮用の対空標識機能と設置機能のGNSS観測データを自動ロギングする機能を有します。空撮画像とAEROBO marker観測ログは、AEROBO cloudにて処理されます。クラウド上でマーカー座標を高精度測位した後、空撮画像からのマーカー検出、マーカー座標との対応づけをAIで自動で行い、空撮画像から高精度3次元モデル・各種データを自動で生成します。従来のように対空標識をトータルステーションなどの地上測量機器を使って別途測量する必要がなく、空撮しながら、標定点計測ができます。また、小型・軽量・簡単操作のため、一度に多くのマーカーを持ち運び設置することが可能で、現場作業を大幅に軽減できます。
仕組みと原理
設置位置のGNSS観測を60分行い、電波情報などの観測データをロギングします。観測後、RTK-GPSと同様な搬送波相測位(スタティック測位)を行うことで2つのマーカー間の相対位置を約1cmの精度で計測します。このとき、設置位置のGNSS観測データ以外に、基準局の観測データ(位置が正確にわかっている地点の、同時刻観測データ)が別途必要となりますが、AEROBO測量2.0では、基準局観測データとして、標準で国土地理院提供の電子基準点データを使用します。
観測地点から最近傍の電子基準点を自動で検索し、該当観測データを参照します。電子基準点観測データ配信のタイミングに基づいて、測位処理を開始します。
また現場周辺/内に既知点(測量済みの点で高精度位置がすでに分かっている点)が使える場合、そこにAEROBOマーカーを設置することで、既知点観測データを基準局観測データとすることもできます。この場合、観測が終了次第、測位処理可能となります。
特徴
●標定点・検証点に置くだけ、地上測量が不要に。
●独自のクラウド後処理で、RTK精度の位置情報を自動計算
●空撮画像上のマーカー位置を自動認識し、位置情報と自動的に紐付けをすることで、GCPデータを自動生成。
●本体のみで動作する簡単操作(タブレット連携も可能)
現場での測量工数削減
軽量で簡単に設置可能なマーカーですので、測量現場での持ち運びや設置が簡単です。設置してボタンを押すだけで測量開始でき、1時間の設置で測量ができます。地上測量が不要になり、大幅に工数を削減することが可能です。
AEROBO cloudとの連携
AEROBO cloud上にAEROBO markerから取り出したログと空撮画像をアップロードするだけで、測量データの補正、空撮画像中のAEROBO markerの自動認識、画像上のマーカーとマーカーの位置情報を自動でマッチングし、オルソ画像や3Dメッシュ、点群データまで自動生成できます。手動の評定点入力が不要になり、全自動でのデータ処理を行います。


【仕 様】

サイズ 外寸(全体) Φ350mmx37mm
外寸(全体) Φ240mmx30mm
重量 本体(1機):474g
性能 防塵防水等級:IP65
測位精度:水平方向精度 1.0cm、高さ方向精度 2.0~4.0cm
環境基準 RoHS 応対
受信機基本仕様 受信方式:GPS/QZSS L1 C/A、GLONASS L10F
更新レート:1Hz
電気的仕様 内蔵バッテリー:NI-MH 1980mAh
動作時間:運続6〜7時間
充電時間:5時間(USB 経由,1A)
データ保存用メモリ:8GB(1回1時間計測として2400回計測可能)
動作温度:-10〜50°C(通常動作時)、5〜45°C(充電時間)
保管温度:-15〜60°C
インターフェース USB2.0 Type B( 充電、データダウンロード用)
Bluetooth 4.0 (BLE)
シンプル UI 3ボタン/6LEDのシンプルな操作系で、本体のみで動作可能
Bluetoothで、PCやスマートフォン、タブレットの通信も可能


【動 画】



各製品説明ページに記載された商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。
各製品説明ページの掲載事項は、予告なく変更されることがあります。
当ホームページの全部または一部の無断複製・転載を禁じます。
Copyright (C) 1999- PULSE Denshi Co., Ltd. All rights reserved.